YOSUKE TSUKADA

プロゴルファー 塚田陽亮 オフィシャルブログ

帰国

02

19

タイでのblog更新がほとんどできませんでした。


とても充実して開幕に向けていい準備ができてると思います


タイクイーポにも訪問できましたし、大満足です


早速、昨日日本に帰ってきましたが


今から仕事でフィリピンにいってきます

コメント

継続は力なり
Gマックは2011年宮崎フェニックスで既に松山(当時アマチュア)とラウンドしてました。その年歩いてホテルに引き上げる私と入れ替わるようにドライビングレンヂ練習場入りしたのがGマックでした トンネルの手前で最後にすれ違ったのがGマックとキャディです。

 あと宮崎ダンロップフェニックストーナメントには昔々タイガーが結婚前に彼女を連れて来てました これは昔々の話です

だから宮崎フェニックスは日本の男子ツアーでは比較的人気のある有名な国際的ツアーなんですが いかんせん 近年は 警備が不公平すぎることに加え ボランティアスタッフが未熟すぎて 途中で うんざりして見る気持ちも萎え いろんな意味で疲れてしまうのも事実です。中には「ボランティアやスタッフに質問するな」とギャラリーに文句つける選手家族も居ます。じゃあ現地で解決すべき出来事の回答は、いったい誰に何処で聞けば良いのでしょうか? 中には「見なかったことにしよう」とか「見るな」と言う選手やキャディも居るんですよ。これが現場の真実です。それ故に 卵を産ませたり 逆に卵を埋没させたり が 起こります。負ければ記録残らず忘れて貰えるから? そして見てしまったギャラリーは 見たか見なかったか黙っていられるか と 追い回され… 見たいものも見たくなくさせ 次々とギャラリーを欺く手品師と化した現選手会長は、過去にテレビなどで「I選手はギャラリーの皆にサインします」と解説者に言わせ「(テレビに)騙され(て来)た方が悪いんじゃね」とサイン貰いたいだけのギャラリーを嘲笑い無視し続けていたのでメディアのバックアップが無くなり勝てなくなって居ましたのでワザワサ選手会長に立候補し、昨年からは新たなファンを獲得しようと 逆にサインをバラまこうとして写真展カメラマンにも協力して貰い自分のイメージアップを図っています 

しかし過去の悪戯と暴言と暴行を忘れてもらえるわけでは ありません

さすが

管理者のみに表示

トラックバック